しにそなへ

殘したいものは詩において ――死にへる