なんたいの不思議

母體の不思議もあるけれど 男體の不思議もある――
寧ろ 男の人はお母さん 自分の子供を持つてゐるから
男の人はお母さん
おなかの下に 蓄へてるよ
たつぷりと
時々空にして 輕くなる
吸込んだのは 私です
子供が生れる
空氣に觸れて 死ぬ
空氣を吸つて 生きる
その違ひは
大量たくさんの子供を抱へたまま
今日も男の人は
息子と握手する