使命感

凡ての詩を停止して 私は詩を書きたい
たださうする事が義務のやうな氣がして
やるべき事のやうな氣がして
それだけが私の生甲斐のやうな氣がして
昔の詩を讀み恥入る
それだけが建設的な暇潰しのやうな氣がして
今は俗語を斷つてゐる、
何だかまともな文章ものを書きたくて、
自分の居場所に戾りたくて……
でも氣がつくと うるさいラジオをつけてゐる
いつもの每日いつも

鳥が鳴いて 空は白い
詩人は何を語るかつて それすらも知らず
私は下手な字を追ふ
――それが義務な氣がして