今日はお疲れ樣 思ひ出したくもない
トイレの大きな鏡を見る度に
私はきれいな 美しい 優しい女だと確認する
リュックを背負ひ 垂れ下つた髮を拂ふ
ああ私は美しく 人々はこの美貌と 優しさとを
たたへるだらう いつものやうに――

今日はお疲れ樣
私は忘れてゐる
私は美しい
しかし優しいといふ槪見は、ここでは脫捨てられる
ああ、
靴下を脫いで 床に入る
ああ
私は眠るのだ