拜啓

痛い程愛されてゐると感じる――あれ、これ書いたつけ。
あ、書いた事は忘れるけど、有難い氣持は忘れたわけぢやないから、そこ勘違ひせんといて。