書かう

手紙を書かう 手紙を書かう
やつぱりあなたと話しがしたい
驚いた あなたの聲が聽きたいものだ
生身の聲を聽きたいものだ
どうしてくれよう
君との會話と 生身の反應と
私は過去にすがつてる
口を開いて しやうもない話ばかりといふに
夕暮の まつたりとした話し方を思ひ出す
今は寒く 安らぎ知れない
あたたかい陽の中で 又あなたを知つてゐたい
さう思ひふみしたためる 早朝の目覺め
觸れますやうに――
何より私は、あなたに觸れたい
感じたいのだ
君想ふ、故に我書す