土踏まず

朝の九時から五時まで
夜の九時から五時まで
車には澁滯すると疎まれ
住民ひとにはうるさいと通報しらされ
步行者わたしにはあはれだと思はれ
制服姿の皆は 砂利と騷音と寒さに耐へながら
ただ仕事をしてゐる ――それが仕事だから
たまにコンビニによつて 愚癡をこぼしながら
同僚みんなの分の 煙草を買つていく
二週間が過ぎて
夜が明けると
眞つ黑でつややかな
なめらかなアスファルトが出現する

車たちは普段いつもよりちよつと上機嫌になつて
その上を滑つてゐる

いつもが戾り
鮮明な白線が淸々しい

お疲れ樣です
行爲は地になつて
でもとてもありがたい
土踏まずには 生きられぬから