氣泡

今時の――ウェブの文章に慣れてしまつた私たちの文は、酷く輕い。自分でも嫌惡してしまふくらゐには。難解な言葉を遣ふ必要は無いが、それでもに起した時、恥づかしくない文にしたいのだ。口で話す言葉より重みがあるのは言ふまでもなく。――だから、あなたの易しい言葉は、いつまでもこの手に殘つてゐる。時々引合ひに出して、慰みを試みる。いつもありがたう、と書き忘れてしまふ。あなたはよく書くのに。